2016年 12月 の投稿一覧

年末年始の休診のお知らせ

12月29日(木)は午後15時半までの診療受付となります。

12月30日(金)から1月3日(火)まで休診とさせていただ月きます。

1月4日(水)より診療開始いたします。

 

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

歯科衛生士さんを募集しています。(^_-)-☆。(若干名)

詳細はハローワークのホームページにてご確認くださいますよう,

よろしくお願い申し上げますm(__)m。

 

 見学などご希望の方はお気軽にご相談ください(*’▽’)。

 皆様のご応募お待ちしていますヽ(^o^)丿。

 

(℡:092-923-5633 担当 吉田)

2017年もよろしくお願い致します!

院長の鈴木ひろみです。

 

皆様、今年は大変お世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

これから迎えるお正月の準備で一段とお忙しくお過ごしのことと思います。

 

普段は忙しくて時間が合わず、みんなで食卓を囲むことが難しいご家庭も

新年を迎える時期は家族揃って食事をする機会が増えることと思います。

 

お正月に家族と食べるものと言えば「おせち料理」。

おせち料理には、それぞれに縁起の良い意味合いがあり、

また歯に良いとされる栄養素が含まれている料理もあります。

 

たとえば、鮮やかな赤色でおせち料理を彩る「エビ」は、茹でると

お年寄りのように腰が曲がる様子にちなんで長寿の願いが込められています。

そしてエビの殻や尻尾には、歯や骨を丈夫にするカルシウムが豊富に含まれます。

 

「たたきごぼう」などの料理で食べられる「ゴボウ」は、地中深くにしっかりと根を張る様子から

細く長く堅実に家が続くことを願い、縁起の良い食材としてよく用いられます。

ごぼうをはじめ食物繊維が多い食品は、噛むことにより歯の表面の掃除にもなり、

唾液もたくさん出ます。

 

他にも五穀豊穣を願う「田作り」や、「よろこぶ」に通じて縁起が良い「昆布巻き」も

ビタミンやミネラルを多く含んでいます。

 

このように、お正月に何気なく食べていたおせち料理ですが、縁起が良いだけでなく

歯の健康に繋がる食材が自然に摂り入れられていたんですね。

 

そんなおせち料理、是非ともご家族で美味しく味わっていただけたらと思います。

そして美味しい物を味わった後は歯みがきを忘れずに。

 

2017年もどうぞよろしくお願いします。

院長 鈴木ひろみ

12月の医院からのお知らせ

12月 7日(水)は午後診療をお休みさせていただきます。

12月21日(水)は午後診療をお休みさせていただきます。

12月10日(土)は矯正外来のため午後4時までの診療時間となります。

12月24日(土)は矯正外来のため午後4時までの診療時間となります。

 

年末年始のお知らせ

12月30日(金)から1月3日(火)まで休診とさせていただきます。

来年の1月4日(水)より診療開始いたします。

ECRを導入しました

ECRとは?

「Easy Crown Remover」の略称で簡易的にかぶせものや金属の「銀歯」を除去する器具です。従来の方法であれば、例えば金属のかぶせものはかぶせものの上から下までスリット状に切れ込みを入れて慎重にスリットを広げるような力を加えて外さなくてはなりません。短所としては患者様の口腔内で金属を削らないといけませんから振動がかなり感じられ、削られてる感が強いです。またその削片を極力バキュームで吸引しているのですが、飲み込んだり、また我々医療スタッフも粉塵内の金属を吸引してしまったり、目に入ってしまったりするリスクを伴います。

そこでこの「ECR(Easy Crown Remover)」を導入致しました。

これは撤去の必要のあるブリッジやかぶせもの、金属の詰め物であるインレーなどに、小さな穴をあけるだけなのです。その穴からラチェットというねじ回しのようなものでねじ回ししていくと作用反作用の力で簡単に除去できます。比較的短時間で除去できますし、何よりも振動が少なく、粉塵が舞うこともかなり抑えられますのでクリーンで安全な治療が最大の利点かもしれません。除去したかぶせものは状況によりますが仮付けをして仮歯として流用することも可能です。ただし注意点もあって動揺している歯などは注意が必要です。

副院長セミナー受講終了しました。
 

こんにちは。副院長の鈴木祐社です。

今回はSJCDという全国の臨床歯科医師からなるスタディーグループの大阪支部「大阪SJCD」最高顧問、本多正明先生の3か月に渡る「咬合・補綴治療計画セミナー・ベーシックコース」を受講してきました。このコースは今年から始まったコースで私たちは第1期生でした。以前、SJCDインターナショナル会長の山﨑長朗先生のマスターコースを受講させていただいた折にアドバイスをいただいたのが、先生との初めての出会いでした。それから本多先生の本を読み漁りました。そして、今回福岡で本多先生の講義を受講できると知りとびつきました。咬合の基礎から本多先生自ら手掛けた20年経過症例などがたくさん見ることができました。20年という経過を発表できる先生の患者さんへの真摯な態度とそれを裏付けるエビデンスに感銘をうけました。これからの、明日からの、そして今目の前にいらっしゃる患者さんへどれだけ還元できるか自分の技量に見合った間違いのない治療戦略を実践していこうと思いました。

 

冬の寒さにまけないで! 

こんにちは、院長の鈴木です。

 

今年もいよいよ残りわずかとなり、寒さがひとしお身にしみるころとなりました。

 

この時期はついつい身体に力が入ってしまい、気がつくと肩こりや

顎が痛くなってしまうことがありませんか。

また、寒いと虫歯でもないのに歯が痛くなる経験がある方も少なくないと思います。

 

寒い日の夜には、眠っている間に無意識で歯を食いしばってしまい、顎が筋肉痛になったり、

歯が痛むように感じることがあります。

また、歯が冷えている時に温かい物を飲むと、歯の神経が感じる寒暖差や

知覚過敏で痛みが走ることも。

 

これらの痛みは、体を冷やさないように心がけることで改善が期待できます。

ただし、本当にむし歯や歯周病が原因の場合もありますので、安易に寒さが

原因だと判断して放置しないよう注意が必要です。

おかしいな、と感じたら早めに歯医者さんで診てもらいましょう。

 

また、冬はお口の中も乾きやすく、乾燥して唾液が少なくなるとむし歯のリスクが高くなり、

口臭の原因にもなってしまいます。

唾液がしっかり出るよう、よく噛んで食べることを心がけましょう。

 

ちなみにお口の乾燥を防ぐには、「マスク」を上手に活用すると効果があります。

マスクは、ゴミやほこりなどが体内に入るのを防ぐだけでなく、乾燥した外気からお口の中を守り、

保湿・保温にも有効です。

 

これからの時期は、忘年会やクリスマスなどの行事で美味しい物を食べる機会も多く、

また生活リズムも狂いやすいです。

忙しい中でも「食べたら磨く」でお口の中を清潔にすることはもちろん、

マスクを上手に活用して、冬の寒さに負けず元気に冬を乗り越えましょう!

院長 鈴木